EAL (追加言語としての英語)

英語が第一言語ではありませんか?問題ありません。

多くの学生は、英語が母国語ではない、あるいは家庭で話されているいくつかの言語のうちの1つではないという背景を持っています。
ABCDのカリキュラムを通して、支援学習やキャッチアッププログラムの機会が提供されています。

カリキュラムは自分のペースで進められているので、生徒は自分の能力に合わせて進歩し、あまり発達していない分野を時間をかけて強化していくことができます。
言葉遣いに不安がある方は、応募の際にお知らせください。

 

EALアフタースクールプログラム

なぜ?

日本のインターナショナルスクールである本校では、多くの生徒が豊かで多様な言語的背景を持っていることを認識しています。全ての生徒が英語を使いこなせるようになるために、本校では入学前の英語テストで「学年レベル以下」と判定された生徒をサポートし、伸ばしていくためのアフタースクールプログラムを提供しています。放課後のレッスンでは、生徒のレベルに合ったクラスで、楽しく魅力的な環境の中で事前の知識を深める機会を提供しています。放課後の英語クラスへの参加は、生徒のWIDAスコアに基づき、定期的に再テストを行い、生徒の進歩を追跡します。

どうやって?

当校では、生徒の英語力を評価するために主にWIDAモデルを使用しています。WIDAモデルは、スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの4つのドメインを評価し、生徒、教師、保護者が生徒の現在の言語能力を全体的に把握できるようにします。生徒には、言語能力の総合的なスコアに加えて、各領域のスコアが1~6の間で与えられます。このスコアは、生徒の言語ニーズと、どの程度の英語サポートが必要かを判断するために使用されます。また、CEFR、TOEFL、TOEIC、GTEC、英検などの国際的に認められている英語テストを使用して、生徒のレベルを測定します。追加言語サポートマトリックス(English as an Additional Language Support Matrix)は、生徒のレベルが学年レベルに達しているかどうか(緑)、追加サポートが必要かどうか(オレンジ)、追加サポートが必要かどうか(赤)を判断するためのガイドとして使用されます。

EALサポートマトリックス
Image

ゾエ・インターナショナル・スクールは、すべての生徒に質の高い教育を提供するよう努力していますが、生徒がアフタースクールの追加英語個別指導サービス(有料)に参加することが入学の条件となっている場合や、学校が生徒の言語ニーズに対応できない場合は、生徒の出願が承認されない場合があります。これらの決定は、保護者と相談の上、学校の入学チームの裁量で行われます。

いつ?

2021年には、4月から各クラスが週2回の授業を放課後に行うことになりました。授業時間は90分で、45分の授業と45分の自習時間があり、宿題に取り組んだり、個人的に読書をしたりすることができます。放課後の授業では、生徒のレベルと年齢に合った国際的な英語基準に基づいたナショナルジオグラフィックのワークブックを使用します。生徒は、病気や不測の事態が発生した場合を除き、毎週両方のクラスに出席することになっています。

EALコースの概要
Image
コスト

放課後英語教室の授業料は、1レッスン2500円相当の月額20,000円です。それぞれの授業料は、前月中に一律でお支払いいただきます。ナショナルジオグラフィックのワークブックは1冊約1500円です。年間で約2冊のワークブックを使用します。

放課後の英語レッスンは誰が受講できますか?
放課後英語プログラムには、地域社会全体の学齢期の生徒が参加できます。ただし、場所が限られている場合は、ゾエ・インターナショナル・スクールの生徒を優先します。クラスが満員の場合は、より広いコミュニティの生徒のためのウェイティングリストがあり、場所が空くようになったらご家族に連絡します。ゾエ・インターナショナル・スクールの生徒が優先されますが、当校のクラスはより広いコミュニティにも開放されています。
プログレッション
生徒は以下のいずれかのケースで次のレベルに進みます。 WIDA のスコアが次のレベルに上がった。 そのレベルの教科書を無事に修了した。 国際的に認められた外部の英語テストを受けます。
卒業
ZISの学生は、WIDAのスコアまたは国際的に認められた英語テストのスコアがEALサポートマトリックスのオレンジまたは緑のセクションに配置されている場合、放課後プログラムを選択することができます。
教科書
Image

英語学習グローバル能力表

Image